日本赤十字社救急法基礎講習(地域健康づくり指導者認定講座として)

  • Home
  • 未分類(共通)

平成29年3月5日、県立盲学校にて、先週に引き続き地域健康づくり指導者認定講座が開催されました。内容は日本赤十字社救急法基礎講習です。午前中は座学、午後からは実習が行われました。

県師会や地域、学校等で何度か受講経験があっても、やはり数年に一度は再受講して確認し、いざという時に備えたいものです。
 
今講習と先週の2つの講習を受講した会員は、地域健康づくり指導者への登録が可能になります。
詳細は3月中に受講した会員へ発送する予定です(尚、救急法基礎講習は別途受講されたものも認められます※有効期限内のもの)。

 

dav

dav

dav

dav

第5回中央学術研修会『介護予防と高齢者のための機能訓練』

  • Home
  • 未分類(共通)

平成29年2月26日、今年度最後の中央学術研修会が開催されました。
金沢市勤労者プラザにて、朝日山一男先生(帝京大学非常勤講師、(公社)全日本鍼灸マッサージ師会スポーツ事業・災害対策委員長)による、介護予防と高齢者のための機能訓練についてのご講義のあと、実際に介護予防のための筋力訓練を行いました。

人間は動物であり、生きることは動くこと。
適度な運動を続けることが健康寿命を伸ばし、元気で長生きする一番の秘訣です。
寝たきりの方へも、ご自分で動かせるところをサポートしながら、その方ができる訓練を続けていくことで、機能の維持向上につながります。
朝日山先生は、これからの鍼灸マッサージ師は、ただ治療院で鍼灸マッサージをしているだけではなく、運動、食事、休養など生活指導がしっかり出来てこそ、地域で必要とされるとおっしゃっていました。
そもそも東洋医学とは、痛いところだけ、出ている症状だけ、体だけをみるのではなく、体、心、生活を自然の流れも含めて全体的にみるものであるということを再認識いたしました。

鍼灸マッサージ師会としての東京オリンピックに向けての取り組みや、災害支援についてのお話もお伺いすることができました。
昭和39年の東京オリンピックでは、トレーナーを帯動していない国の選手に対して、100名の鍼灸マッサージ師が施術を行ったそうです。今度のオリンピックでも選手をサポートできるよう、様々な取り組みや研修が行われています。

災害支援については、業界団体として現在も東日本大震災や熊本地震の支援を継続しています。鍼灸マッサージ師も、個人としてではなく団体として参加することで、医師等で構成される支援チームに加わり連携して動くことができ、結果として必要なところに適切な支援をスムーズに提供することにつながります。災害支援に対応できる鍼灸マッサージ師が増えるよう、来年度も講習会や研修会が開催される予定です。

朝日山先生には数年前も県師会でご講義をしていただきましたが、変わらぬ溌剌としたお姿で、運動継続の重要性を身をもってお示しいただきました。貴重なご講義をありがとうございました。

 

午後からは引き続き同会場にて臨時総会が開催されました。来年度の予定等についての議案が提出され、つつがなく終了いたしました。

(報 告:松田鍼灸治療院:松田 有里)

 

 17077780_1230841817028926_51064277_n 17035559_1230841810362260_1519154978_n 17006079_1230841777028930_1940349329_n

平成28年度第4回中央学術研修会 吉崎和樹先生による『刺鍼基本テクニックと触診基本テクニック』

  • Home
  • 未分類(共通)

12月11日(日) 石川県女性センターにて、平成28年度第4回中央学術研修会が開催されました。

 
愛知県岡崎市より吉崎和樹先生をお招きして、『刺鍼基本テクニックと触診基本テクニック』というテーマで、ご講演いただきました
 
吉崎和樹先生は、
○吉崎鍼灸院院長、
○日本臨床鍼灸懇話会理事、
○(一社)愛知県鍼灸マッサージ師会理事兼保険運営委員、
○西三河支部支部長兼保険部長、
○(学校法人)森ノ宮医療学園サマースクール講師、
と、多方面にてご活躍されていらっしゃいます。
 
午前中は、木下伸一先生直伝の 刺鍼テクニックと訓練法のご講義を 、午後からは 午前中のご講義の実践編として、刺鍼訓練法を皆で行った後、吉崎先生に実際の頸肩部、頭部、顔面の治療をご披露していただきました。
 
鍼灸には様々な流派がありますが、共通しているのは“鍼を打つ”ということ。
どの流派を選択するにしても、しっかりと反応をとらえ、目的の場所に痛みなく鍼を至らせて目的を達成する(緊張をとる)ということが、鍼を打つ基本であるとおっしゃっていました。
 
そのための、触診方法、押手、刺手の形、鍼の運び方、皮膚、皮下組織、筋膜、筋緊張、硬結の診方と反応の取り方など、非常にわかりやすくご解説いただきました。
 
具体的な訓練法や長年実践されて身に付けられた刺鍼法を惜しみなくお教えいただき、会員の技術の向上や明日の臨床のために、大変役に立つご講演でした。
 
ご講演のなかで、ご著書をご紹介いただきました。
 
『刺鍼基本テクニックのマスター教本』、木下伸一著、吉崎和樹他編(日本臨床懇話会)です。
本日の内容のさらなる詳細が記載されております。
 
 出版・販売元:日本臨床鍼灸懇話会
〒564-0032
大阪府吹田市内本町1-1-6
米山鍼灸内
電話・ファクス(06)6381-6656
ホームページhttp://konwakai.com/
 
吉崎先生、師走のお忙しいところ、金沢へお越しいただきまして、誠にありがとうございました。
 
  15435866_1159828464130262_2124848176_n 15423629_1159828420796933_1271061106_n 15417012_1159828457463596_1043150018_n
 

 

石川県障害者ふれあいフェスティバルボランティア参加報告

  • Home
  • 未分類(共通)

平成28年度 石川県障害者ふれあいフェスティバル

はり・きゅう・あん摩・マッサージ・指圧体験ブース参加報告

 

日 時:9月25日(日) 10:00~16:00

会 場:石川県産業展示館 第4号館

施術スタッフ:太郎田 康弘、田中 良和、久田 和美、齊藤宏弥(敬称略)

体験者数:55名

 

 つい近日までの台風や雨天による生憎の天気から明け、シルバーウィークが終わりつつある晴天の暖かな気候の中、平成28年度の石川県障害者ふれあいフェスティバルが行われました。

私達(公社)石川県鍼灸マッサージ師会所属の4名のスタッフは、県産業展示館4号館において、はり・きゅう・あん摩・マッサージ・指圧体験施術による  普及啓蒙活動を行いました。 当日の室内の環境は少し暑かったですが、天候に恵まれていたため、会場へは55名もの多くの様々な皆様が、近隣や遠方、老若男女、鍼灸マッサージ受療体験の有無を問わず体験施術へお越しになって下さった事に対し、誠に感謝しております。

 

 我々スタッフは、体験者の皆様の様々な症状や既往歴、日常生活における環境や特徴を聞いてそれらの事を基に、体質や体格を見ながら、患者様からの要望に合わせる形で、はり・きゅう・あんま・マッサージ・指圧による施術を行いました。

 施術体験を受けている最中に、体験者の方から「はりやきゅう、マッサージの効果や目的はどの様なものか?」や「普段の日常生活に於いて、どうすれば良いのか?」との疑問や質問だけではなく、施術中、若しくは終了後には「お陰様で、楽になった」や「はりやきゅう、マッサージの体験をやって頂いて本当に良かった」との喜びの声を受けました。  私個人としては、今回の行事参加が初めてだったので、非常に不安と緊張で一杯でした。しかし、多くの一般の皆様からの意見や、それぞれの様子を見たり、聞いたり、触れ合ったりして、様々な事を学んで頂く形で、10分程度という短い施術ではありましたが、鍼灸マッサージにおける普及啓蒙活動の一環としての体験施術を経験する事が出来た事に感謝しています。   

今後は、これ等の経験や実績を元手にした上で応用して行く形で、はり・きゅう・あん摩・マッサージ・指圧の更なる啓蒙と普及に更なる全霊を尽くして行かねばならないと感じて止みません。この様な志を以て、多くの、はり・きゅう・あん摩・マッサージ・指圧受療の愛好者や患者様の増加や定着化・継続化に繋がって行けるとの願いや希望を託して行きたいと思っています。

そして、来年の施術体験ブースの成功と多くの協力理解の拡大を祈願します。

(報 告:齊藤 宏弥) 

 ふれあいフェスティバル ふれあいフェスティバル3 ふれあいフェスティバル2

当日、体験ブースに参加した施術者の名簿です!

 治療院:鍼灸・太郎田漢法院
 住 所:野々市市本町1-17-5
 連絡先:076-248-1847
     090-3765-9808

 治療院:アロマ鍼灸サロン グランマ
 住 所:金沢市畝田西2-71-2
 連絡先:090-6277-0114

 治療院:二葉鍼灸療院
 住 所:金沢市小金町17-18
 連絡先:076-253-8778

 氏名:斉藤 宏弥 
 連絡先:090-4933-0330

 

 

県民公開講座のお知らせ

  • Home
  • 未分類(共通)

下記の日程で(公社)石川県鍼灸マッサージ師会 県民公開講座がおこなわれます。

入場料は無料となっていますので、ご近所お友達お誘い合わせの上、お越しいただきますようよろしくお願いします。

日 時:平成28年10月16日(日)  13時30分~15時30分

場 所:野々市市文化会館(フォルテ) 小ホール 野々市市本町1-5-4 

講 師:佐藤伸彦先生  

医療法人社団ナラティブホーム ものがたり診療所 所長(砺波市)

演 題「人生の『ナラティブ=ものがたり』の終わりまで寄り添う医療

     ~患者と医療者と地域でつくる あたたかい関係~」

内 容:一人一人の人生におけるかけがえのない「ナラティブ=ものがたり」を大切にし、一人一人にあった、その人らしい暮らしをサポートされ、家族のようなあたたかい高齢者医療・介護を理念とし実践されている先生に、その人の最終章に寄り添うための医療・介護連携、地域との連携をはじめ、人生の最後を迎える時の患者や家族の本当の幸せのカタチは何かなどのお話をいただきます。

定 員:約300名

対 象:一般、本会会員、医療従事者、

鍼灸学校関係者(学生・教員)

入場料:無 料

後 援:石川県、野々市市、

(公社)石川県栄養士会、

北國新聞社、セイリン(株)

 

※(公財)東洋療法研修試験財団

生涯研修対象講座:取得単位2単位

※(公社)全日本鍼灸学会

認定講習C講座:取得単位1点

 県民講座

 

 

白山市福祉健康まつり~施術参加者紹介~

  • Home
  • 未分類(共通)

先日開催されました白山市福祉健康まつりの参加施術者を紹介します。

 

第11回 白山市福祉健康まつり   施術参加協力者             平成28年9月25日
氏名施術所名住所電話
石田 伸麿鍼灸マッサージ治療院マアロ白山市北成町109番地076-276-0612
岩田 昌弘岩田鍼灸マッサージ治療院白山市末広1丁目77番地076-275-2373
木下 良子光成療院白山市八ツ矢町77-5076-277-6939
田井 節子にこにこ堂鍼灸院白山市番匠町243番地076-276-0388
田端 克彦治療院 崔寿白山市八田町432-13番地 
野本 清野本治療院白山市石同新町168-1076-275-2146
宮本 雄二宮本マッサージ療院白山市上安田町1065-5番地076-277-2532
毛利 信行 白山市長屋町 
太田 信幸おおた鍼灸院白山市鶴来明光4丁目92-7番地076-272-5051
相川 葵常四鍼灸接骨治療院白山市鶴来本町1-761番地076-272-0434
常山 健秋
山口 健山口鍼灸治療院白山市鶴来水戸町3-39番地076-273-4282
寺下 嘉秋 野々市市柳町 
寺下代々子 

市民公開講座~がん専門医が がんになって気づいたこと 考えたこと 行動したこと~

  • Home
  • 未分類(共通)

石川県鍼灸マッサージ師会 市民公開講座がおこなわれます。

演題:がん専門医が がんになって 気づいたこと 考えたこと 行動したこ

講師:西村 元一先生 金沢赤十字病院 第一外科部長 兼副院長

日時:平成28年9月18日 13:00~15:30

場所:石川県女性センター ホール 金沢市三社町1-44

参加費:無料

主催:金沢市鍼灸マッサージ師会

共催:石川県鍼灸マッサージ師会

メディアでも話題のドクターが患者にとって本当に必要な医療・福祉・地域連携について語ります。

この機会にみんなで考えましょう!

お問い合わせ先 076-269-8917(ときわ鍼灸院内)

IMG_2347

平成28年度第1回保険学術研修会並びに保険講習会のお知らせ

  • Home
  • 未分類(共通)

今年度も例年通り、公益社団法人 石川県鍼灸師会と合同で、保険学術研修会並びに保険講習会を実施いたします。

日時: 平成28年7月31日(日) 13時30分~16時
場所: サンビーム日和ヶ丘 シアタールーム
    (〒929-2104 七尾市垣吉町へ24)

◎ 学術研修会: 13時30分~15時
   演題 : 「危険な腰痛の見分け方」
   講師 : 公立能登総合病院 整形外科副部長 岡本 義之 先生
◎ 保険講習会: 15時15分~16時
   内容  : 「保険取扱いの注意事項」

※ 欠席された場合は、補講(有料)を9月に実施いたします。
 受講料は2000円前後となる予定です。

今回は能登地区で初めての開催となります。
これは、全県下で保険の取扱いを円滑に行うために、また、能登区の医師会の先生方に療養費取扱いへのご理解をいただきたいという思いで開催させていただきます。今年度も公益社団法人 石川県鍼灸師会と力を合わせて、保険取扱いの推進を進めて参ります。多くの会員にご出席いただきたく思います。
  

20177ec7382a3587bf2cc092e69892f7_s

コラム「会員寄稿」

  • Home
  • 未分類(共通)

全日本鍼灸学会 北海道大会参加報告

6月10、11,12日の三日間、第65回全日本鍼灸学会学術大会が、北海道札幌市で開催された。筆者は、10日(金)の夕方、ANA羽田経由で札幌入りしたが、小松市も東京都も蒸し暑く夕方になっても気温は30°近くであったのとは反対に、新千歳空港はジャケットを着ていても寒さを感ずるほどであった。

 今回の大会のテーマは、「これからの日本の医療を担う鍼灸  鍼灸治療と医療連携」であった。今大会で、筆者が是非とも聞きたかったのは、開業鍼灸師と外科医との連携した診療を紹介したパネルディスカッション1である。パネリストは、鍼灸師の佐藤雅美氏、脳神経外科医の井須豊彦氏、循環器外科医の佐藤勝彦氏。

 佐藤雅美先生の行っている鍼灸のお話は、数年前に東京で行われた日本臨床鍼灸懇話会学術大会で一度拝聴している。佐藤雅美先生のところでは脊柱疾患を専門としており、殆どの症例でMRI撮影を行い症状と画像とを交えて鍼灸治療の適応・予後の判断を行っている。患者さんのおっしゃる前医の診断を決して鵜呑みにせず、改めて自分の眼で読影を行い、指導を受けている外科医のアドバイスを受け判断しているそうだ。更に今回の大会では、循環器外科のドクターとも連携し、患者さんの心筋梗塞や心不全を未然に防いでいるとのことだった。

佐藤雅美  

 11日(土)の午後に参加した北海道医療大学北方系生態観察園観察は、北海道ならではの企画であり、大変興味深かった。担当の堀田 清先生の案内で、生薬・野生動物を見て回った。笹の原野だった大学の裏山を整備した観察園には、本土では見るのが難しい、オタネニンジン(朝鮮人参)や、トチバニンジン、ダイオウ、カンゾウが生えていた。北陸でも眼にするミズバショウ・ウドの大きさには驚かされた。途中には、アカゲラの姿も眼にすることができた。北海道の豊かさを実感した講座であった。

 北海道医療大学     薬草園

 

余談であるが、今回の札幌大会では、ちょうど「YOSAKOIソーラン祭り」の開催と重なり、ちょっとした観光気分を味わえた。現地で食べるラーメン・ジンギスカン・生ビールはとても美味しかった。今度は冬の札幌へ行ってみたいところだ。

                     報 告:石川県鍼灸マッサージ師会会員 山村美樹 金はり院 院長

  長.jpg                   小松市今江町7丁目552番地 0761-21-8409

 

 

第2回中央学術研修会のご案内~現代治療院経営講座勝ち組になれる10の考え方~

  • Home
  • 未分類(共通)

〈第2回中央学術研修会のご案内〉

日 時:平成28年6月19日(日)10:00~12:00 13:00~15:00

場 所:石川県こまつ劇場うらら第1第2会議室(石川県小松市土居原町710)

講 師:古賀慶乃助先生(中央整骨鍼灸院院長)(公社)全日本鍼灸マッサージ師会理事、その他役職多数

演 題:現代治療院経営講座 勝ち組になれる10の考え方

主 催:(公社)石川県鍼灸マッサージ師会

参加資格(参加費):石川県鍼灸マッサージ師会会員・一般・学生(無料)           

会員以外の有資格者(1000円)

生涯研修単位:4

今年度2回目の中央学術研修会です。講師の古賀 慶乃助先生は、はるばる福岡県からいらっしゃいます。 一般的な痛みの治療のほか、美魔女クリエーターとしても有名な先生です。

会員、有資格者の方はもちろん、今回は経営のお話ですので、一般の方もふるってご参加くださいませ。

 

8faa3bb3a43a62cc671c59a95abe7d71_s

 

 

第32回小松クロスカントリー大会 2016~施術ボランティア報告~

  • Home
  • 未分類(共通)

6月5日(日曜日)に小松市憩いの森で行われた第32回小松クロスカントリー大会に施術ボランティアとして参加しました。当日は天候にも恵まれ、私たち鍼灸マッサージスタッフも気持ちよく施術することができました。

参加者にとってはおなじみのコーナーになりつつあるようで、『去年も鍼灸マッサージを受けましたよ』と言っていただいたランナーもたくさんいらっしゃいました。

来年も石川県鍼灸マッサージ師会はボランティアに参加する予定になると思います。

どうぞよろしくお願いします。

~参加されたランナーの皆さんへ~

来年も鍼灸マッサージのテントにお寄りくださいね!

石川県鍼灸マッサージ師会会員一同心よりお待ちしております!

 

IMG_2191 IMG_2188

 

〈ボランティア参加会員&治療院紹介〉

 石田 和睦 金沢市額谷町3-61サンライフI 102号076-298-2020  いしだ鍼灸治療院  
 竹内 和信 加賀市大聖寺越前町220761-73-5089  快治療室
常盤 和成 金沢市西金沢3-45-2076-269-8917ときわ鍼灸院
外山 孝晴  小松市粟津町ワ5 0761-65-1631 とやまはり・きゅうマッサージ治療室
橋本 梢   
東 道徳金沢市本江町8-8076-291-3942東治療院
久田 和美金沢市畝田西2丁目71-2  090-6277-0144 アロマ鍼灸サロン グランマ
 豊島 清史能美市泉台中135-3  0761-57-4898 とよしま鍼灸院
松邑 健司

小松市符津町ラ5-1FiveCrossビル2F 

0761-44-3915  七心指圧院 
 野本 清白山市石同新町168-1 076-275-2146 野本治療院 
 岩田 昌弘白山市広末1-77 076-275-2373 岩田治療院
 粟 友幸金沢市糸田新町19-9        076-242-3678 あわ鍼灸治療院
 宮川 巌幸金沢市八日市出町843076-240-1989 ミヤカワ鍼灸整骨院 
 西田 裕美   
 坂北 謙金沢市吉原町ヨ97コーポカラキ1F 076-258-6782 一心堂
斉藤 宏弥金沢市丸の内5-23076-221-0290 

※小松能美はり灸マッサージ師会

 外山 湛生

平成27年度 第5回中央学術研修会「ベビーマッサージの実践とその効果」

  • Home
  • 未分類(共通)

image  image (2) image (1)

平成27年度 第5回中央学術研修会「ベビーマッサージの実践とその効果」

 

 11月29日は履正社医療スポーツ専門学校の古田高征先生に「ベビーマッサージの実践とその効果」について講義していただきました。古田先生は(公社)大阪府鍼灸マッサージ師会が作成したベビーマッサージのための安全を担保するためのガイドラインに中心となり作成に関られた先生です。

 昨今乳幼児に対する無資格者の施術過誤で死亡事故が発生しています。また、さまざまな任意団体や新聞などのメディアが主催となってベビーマッサージを行っています。こういった現状を、施術資格を有する私たちがどのようにとらえて、どう行動していったらよいのかということを学ばせていただく機会をいただきました。

 ガイドラインには“小児への手技を行う際にはマッサ―ジテクニックのみではなく、小児領域をはじめとする医療全般の知識を踏まえた施術方法と作用機序、身体に及ぼす影響についての理解がなければ、危険の回避や突発的な乳幼児の変化を見逃し、適切な対応はできない”とあります。私たち有資格者は資格を持つときに医学全般を学び、その有効性も手技療法の適応範囲から禁忌症までを学びます。現在、一般的に行われているベビーマッサージが適切なものなのかどうかや危険性があるものか、健康被害をあたえることはないのかも把握しておくことも仕事の一つではないかと考えます。悲しい死亡事故が起こらないように、適切なものを普及させていくことも必要であると思います。

 ベビーマッサージを普及させたい意図の一つとして、児童虐待が増え続けているという現状があります。ベビーマッサージは看護師領域では「赤ちゃんケア」「タッチケア」という形で普及され、鍼灸師の一派ではスキンタッチという形で浸透しつつあります。安全で適切に浸透していけばよい効果も期待されます。

 ベビーマッサージの効果としては、気分が安定する、体重の増加・免疫機能の改善・ストレスホルモンの減少、自立機能が最適に働き消化吸収機能が向上する可能性があると言われています。最近ではマッサージをすることによって脳から放出されるオキシトシンというホルモンが信頼や安心を感じる作用があることが分かってきています。また、ベビーマッサージの母子双方のストレス反応に及ぼす効果に関する研究では、ベビーマッサージはストレス反応の減少や体温の上昇、脈拍・血圧の安定が母子ともにみられるという結果が出ています(奥村 ゆかり 神戸大学大学院保健学研究科)。母親が子供のことを大切に思っていても、育児にはストレスを感じることがあります。ベビーマッサージをすること母親側(家族)にもよい効果があるということがわかってきています。また、こどもが育てやすくなることで、夫のサポートをうけやすくなったというデータもご紹介いただきました。母親の育児不安が軽減し、自信を取り戻すことにつながることが望まれます。

 母親の育児不安の要因としては①子供との接触経験や育児経験の不足②出産に伴う生活の変化によるストレス③子育て力の不足④地域からの孤立、があると考えられます(東洋療法学校協会編「社会あはき学」)。ベビーマッサージは①の接触経験になっていくと思われます。
 ベビーマッサージはマズローの欲求階層説でいうとビラミッドの中央にあたる“所属・愛情欲求”にあたります。生活に不可欠な“生理的欲求”と生命の維持に関わる“安全欲求”の上にあり、愛情に満たされて価値のある存在だと認められる“承認欲求”や自らを成長させようとする“自己実現欲求”に向かうことができます(『マズローの心理学』産業能率大学出版)。幼少期においてもこの愛情を確認するという手段が大切で、その後の生き方にも影響を及ぼしていくと考えられています。

 ベビーマッサージを普及させる方法としては方法にこだわらず、様々な形があってもよいと提案されていました。また、マッサージだけでなく子育て相談の場として提供したり、医療育児の関連知識をお伝えする場にするとよいのではとのことでした。医療人としての信頼を高め、知らない事を「知らない」という勇気が大切なポイントであると

お話ししてくださいました。
 この研修会を受講して、医学知識を持ち医療資格を有する私たちができるベビーマッサージを普及啓発をしていきたいと思いました。この石川県でもマッサージ師によるベビーマッサージの普及をいうものは知る限りなく、石川版ベビーマッサージを提供していきたいと思いました。そのことが母子を取り巻く環境の改善につながることや、助産師・看護師さんとの連携、鍼灸マッサージの普及につながることを願いたいと思います。

 会員・会員外・養成学校生 36名が参加してくださいました。
(相川 葵)

日時:平成27年11月29日(日)13:00~15:00
場所:白山市松任文化会館401号室
住所: 〒924-0872 石川県白山市古城町2(昨年と同じ所)
電話:076-276-5611
講師:履正社医療スポーツ専門学校鍼灸学科 古田高征先生
演題:ベビーマッサージの安全ガイドライン(仮題)
単位:2
参加資格:有資格者と養成学校学生

産科鍼灸セミナー in 金沢

  • Home
  • 未分類(共通)

image

セイリン株式会社が主催する産科鍼灸セミナー開催のお知らせです。

鍼灸師として知っておきたい妊産婦診察のポイントを明治国際医療大学の田口 玲奈先生が分かりやすく説明してくれます。

定員が70名となっています。ご希望の方はお早めに申し込みをおすすめします。

 

2015年9月13日(日) 10:00-16:00(受付9:30より)

◯妊産婦診察のポイント

◯産前(つわり・妊娠中の腰痛・逆子)および産後(乳汁分泌・産後うつ)の症状に対する基礎知識と病態把握に基づいた鍼灸治療。

受講料  鍼灸師3,000円   学生2,000円  定員70名

申し込み手順

申し込み・セイリンから返信・振込・セイリンから確認

申し込みアドレス  y.yamamoto@seirin.tv

お勤め先・氏名・住所・電話番号・振込名義を記載の上メールアドレスに送信をお願いします。

主催  セイリン株式会社

後援  公益社団法人 石川県鍼灸師会・公益社団法人 石川県鍼灸マッサージ師会